経営成功の秘訣はここにあり!伝説のスカウトマン

「学生店長」ここにあり!

「小学生は若女将」とか、「高校生探偵」「こども店長」などコマーシャルや漫画やアニメの世界では、そんな設定が人気を博しているようですが、奥野高徳氏の「学生店長」は空想ではなく現実ですから、すごいですよね。

奥野氏は大学生の頃からスカウトマンを始め、わずか1年足らずで店長にまで登りつめた人物です。しかも売り上げも良かったことから考えると、経営者としての素質があったのでしょう。

店長にまで成り上がるには、おそらく周りの信頼もなければ厳しいと想像できますが、奥野氏は従業員とは真摯に向き合って、物事を対処していたようです。

どの業界にも共通することですが、誰しも他人に認められて、尊重されれば嬉しいと思います。嬉しいと「この人のために頑張ろう」と思うでしょう。

奥野高徳氏はその辺りの人の心の掌握の仕方が長けていることから考えると、「人を信じ認める大切さ」を経営哲学としていたと考えられます。

女性の話はしっかりと聞く

女性にとって会話でコミュニケーションが取れるかどうかはとても重要な問題です。逆に自分の話を聞いてもらえさえすれば、スッキリするという方が多いです。それに対し世の男性は人の話、特に女性の話を聞くのが苦手という方が多いようです。

しかもその手の男性は、話をしている女性に対し「カラ返事」をして受け答えするものだから、その態度に女性が怒りを覚えるのは当然のことでしょう。

女性は一度見限ると、相手に対する信頼感をスッパリと断ち切るので、そんな男性に対しては「仕事で困った時に助けない」なんて反旗をひるがえすかもしれません。

しかし奥野氏はそのような女性の特徴をよく理解し、しっかりと女性(キャバ嬢)の話を聞いていたようです。

ですから、女性たちも悩みに真摯に向き合ってくれる奥野氏に対し、ナンバー1キャバ嬢になるまで頑張ったと考えられます。


この
記事を
シェア

TOPへ